管理薬剤師に求められる知識・能力とは?

管理薬剤師 > 管理薬剤師に求められるもの

管理薬剤師に求められるもの

調剤薬局に入るとき、病院と同じで少し身構えてしまうことがあります。そんな時難しい表情をした薬剤師がいたら、たちまち聞きたいことも聞けなくなってしまうのです。

薬剤師の良い悪いの基準を決めつけるのはどうかと思いますが、雑な仕事をしている方や、対応が無愛想な方がいる薬局は正直行きづらいです。そういう薬剤師は、薬剤師求人サイトに登録してもよい求人先が見つけられない場合もあります。たとえ忙しくとも、難題を抱えていようとも、患者に対しては質問ができる雰囲気を持ってもらいたいですね。

薬剤師は患者の状態を問診し、処方した薬の保管方法、使用方法その他のアドバイスをしてくれます。彼らの役割は、医師が処方する薬は症状に合っているのかを見極める役割を担っているのです。ですから薬剤師として、医師が処方した薬を出すだけという仕事はしてほしくありません。

ではどんな方が薬剤師に向いていると言えるでしょうか。薬剤師は数えきれないほどの薬を扱い、似たような名前を持つ薬などを正確に用途に応じて処方します。現在では同じ成分であるものの、添加物が違うなどの後発剤も出ています。いわゆるジェネリックですね。それらの知識も必要です

特に調剤の場合は、その正確さはもちろん、几帳面さが必要です。正確に分量を量らなければなりません。現在は機械によって調剤するところがありますが、その前段階ではやはり人が関わっているのです。

同時に薬剤の特徴や効能を理解し、危険性のある薬の組み合わせを把握しておかなければなりません。つまり、このように神経をとがらせ、なおかつ正確な仕事をこなせる方が薬剤師に向いています。

また冒頭のように薬剤師も患者と対面するわけですから、仏頂面で接客するわけにはいけませんよね。患者は薬の知識がないに等しいのですから、専門用語などを使わずとも理解できるような言葉を選び、患者がわからないことを質問できるような雰囲気を作らなくてはなりません。

人に対して独りよがりの言動は、相手の信頼を得られるものではなく、見識が狭まり自身のステップアップの壁となってしまいます。薬剤師はコミュニケーション能力も求められているのです。
公益社団法人 高知県薬剤師会